読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わらいの大会記録

QMAの大会告知と説明メインの予定

2017/01/15 フェドラ平和島対戦会第二部について

(最終更新→2017/01/12の23:50頃)

ガチャ枠早見表を追加、文章を改訂しました。

 

平和島・クジガチャ祭の陣」(14:00スタート予定、参加費200円)

・クジの構成は「8ジャンル+17形式」の合計25枚。

・3試合で合計???枚の「ガチャ枠」を引いてから、決勝へ。配分はご自由に。

・「ガチャ枠」はジャパンツアーの実績に応じて定め、詳細は下記画像の通りです。本人の所持する全カードが対象、①~③の3項目で、最も上段の条件を満たすルールになります。

f:id:warai-36:20170112232500j:plain

 

<進行について・準決勝まで>

トーナメント形式。1回戦、2回戦、準決勝を経て4名による決勝。 

・着席後「この試合でクジを何枚引くか」を宣言、引いたクジのいずれかを満たす出題をしていただきます。

(3枠使って「芸能」「社会」「四択」クジを引いた場合は、芸能の全形式及び社会の全形式、全ジャンルの四択が出題可能)

・欲しいクジを早期に引いても、必ず宣言枚数まで引ききらないといけません。

・各試合席順に25枚のクジを「戻さず」引いていき、試合が終わるごとに25枚の状態に復帰させます。

 

(特殊な事例の補足事項)

・対戦者4名の宣言数合計が25枚を超えた場合、「宣言数最多のプレイヤーが1枚減らす→2番目に宣言数の多いプレイヤーが1枚減らす→…→同2枚目…」と繰り返し、合計が25枚以下となるよう調節するものとします。 

(<例>宣言枚数が「11・10・4・3」の場合:宣言合計28枚を25枚にするため、宣言数の多い順に1枚ずつ減らしていく。3人減らすので、実際に引く枚数は「10・9・3・3」となる)

 

<進行について・決勝>

・25枚のクジの中から、席順に1人6枚ずつを引き、1枚~5枚を封鎖対象に指定します。
・全員の封鎖を確認後発表、誰も封鎖しなかった&誰も引かなかったクイズが出題可能です。
(クジの内容は「余った1枚は予め公開、他人が引いた内容は非公開」の予定)

 

<その他>

4名対戦が組めない場合は3名対戦を行う場合がある。

その際のダミーの出題は「ノンジャンル・ランダム・HARD」とする。

原則順位のみで勝ち抜けを決められるよう、組み合わせを設定する。